ケース用真空・陽圧検査機 MODEL CTR-2000

ホーム > 製品一覧:用途別 > 検査関連機器 > ケース用真空・陽圧検査機

米国テレダインタップトーン社のCTR-2000は、ダンボール梱包やシュリンク包装内の食缶、飲料缶、金属蓋を使用する瓶の蓋へこみ(盛り上がり)の程度を近接センサーで非接触で測定し、へこみ(盛り上がり)の不十分なものを真空(陽圧)不良品としてコンベアー上でケースごと排出します。

ケース用真空・陽圧検査機 ケーストラッカー(CTR-2000)

特 長
近接センサーで蓋形状を測定&分析
※ヘッドスペースがなく、蓋裏に製品が付着していても検査可能
コントロールディスプレイで各種設定や生産データ表示が可能
ハイパーターミナル(RS232ケーブル接続)による遠隔データ収集可
2通りの装置導入方法
1. 既存のコンベアーに打検装置を設置
2. コンベアー付き自立式打検装置 ※簡単移動
仕 様
型 式 CTR-2000
能 力 最高150ケース/分
コントロール構成 SUS製、NEMA 4X
オプション ・6フィートコンベアー 
・排出装置
・不良品識別用スプレーマーカー



copyright(C) Acuraks, Inc. All Right Reserved.